「マイペースに、自分らしく」
そんな営業スタイルもあっていい

売上規模の大きい取引先を中心にトータルソリューションを提供する部署に所属。入社から6年間、一度も目標数字に届かなかったことがないエースプレイヤー。24歳で結婚。趣味は映画鑑賞。休日は旦那さんとおいしい店を発掘するのが楽しみの一つ。

ソリューション営業
坂本 京子 SAKAMOTO KYOKO
TS営業課(2013年 入社)

多彩な企業と接点が持てる、法人営業に興味を持った

広島の大学に通っていた私は、ずっと都会で働きたいと考えており、東京を中心に就職活動を行っていました。最初の頃はまだ社会のことをよく知らず、有名な大手メーカーばかりの選考に参加。なかなかご縁に恵まれない中で、商社という業態があることを知りました。
職種も最初は企画や広報などに憧れましたが、次第にどんな企業も1年目は営業で現場を知るものだと分かり始め、営業軸で会社を探すように。その中でも、経営者と話すチャンスも多い法人営業に興味を持ちました。就職活動で色んな会社の話を聞いて、「こんな仕事があるんだ」という新しい世界を知るのがとても面白かったのです。
また、どのみち営業をするならば、常に需要があって売れる・売りやすい商品がいいな…と思っていました。そうして出会ったのがエイコーです。多彩なソリューションで手を打てるということは、時代ごとに変化する企業のさまざまな悩みに、ずっと応え続けられると考えたのです。


資料は持たない…“モノを売らない”営業スタイル

現在は、30社ほどの既存取引先に対しての営業がメインです。新たな経営戦略の推進や業務拡大に伴うOA機器まわりの追加提案、空調の移転や内装・レイアウトの変更などを行っています。

比較的規模の大きな会社が多く、成約までに1年、2年かかるような案件を、実らせていきます。モノを売る…というより、お客さまとお付き合いをより深めていく感覚です。

こんなことを言うと会社から怒られるかもしれませんが、営業資料はあまり持ち歩きません。特に提案の予定がない時も、半年に1度ぐらいの頻度で顔をだして、たわいもない話をしています。ふとした時に連絡をいただけるような存在になれることを心がけているんです。

あまり、駆け引きが得意ではないので、自分がお客さまにとって良いと思ったことを素直に提案するスタイル。正直すぎて営業としては欲がないのでしょうけど…でもだからこそ、「坂本が言うならその提案に乗ってみようか」と信頼を寄せてもらっているのかなと感じています。


子どもが生まれた後も、営業として活躍したい

印象に残っている仕事は、LEDの大口発注をいただいた時のこと。私の下調べ不足で、商品の納品が間に合わない事態に…。社内のみんなで手分けして他の仕入れルートを手配し、期日には間に合わなかったのですが、最終的には何とか発注数を納入できました。今思えば、上司や同僚の支えがなければ、乗り越えられなかった案件だったと思います。

今後も、中長期的に正社員として働けるよう、着実に取引先との関係を作っていくのが目標です。当社は育休・産休からの現職復職率は100%ですが、企画や管理部門の方の実例がほとんどで、営業が“営業職”として復職した前例はまだありません。

だからこそ、「坂本さんがママ営業のモデルになってよ」という期待をしてくれる声をよくもらうんです。育休や産休を取るという事は、その間、会社のみんなが支えてくれるということ。でも今までも支えて頂いて何とか過ごしているので、この会社ならずっと正社員として頑張っていけるかな。お客様からも、まだ出産もしていないのに「産休から戻ってからが本当のスタートだよ」なんて言われたりして。そんな道を模索していくのも、一つの目標かなと思っています。


応援メッセージ

自分をよく見せようとしても、仕事を始めればすぐボロがでます。どれだけ作りこんでも素は出ますし、見透かされます。そのままの自分で勝負する方が、“心が楽”だなと思います。もちろん礼節は押さえた上で。「私は私」と上司にもお客さまにも思ってもらえる今の環境は、すごくありがたいです。適性のある場所で役割を与えてもらえる会社に感謝しています。しんどいなと思う時も、上司や仲間が助けてくれる会社なので、不安はいりませんよ。

新卒採用にエントリーをご希望の方は、以下よりエントリーフォームにお進みください。
会社説明会のご案内をさせていただきます。
ENTRY
ログインID
パスワード